赤ちゃんに食べ物を口移しした場合虫歯菌は移る?

ブリアン歯磨き粉

 

意外に感じる人も多いかもしれませんが、生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌は存在しません。

 

歯が生えていないからという理由ではなく、もともと虫歯菌というのは外部から侵入することによって繁殖するものなのです。

 

いつかは繁殖してしまうものだとしても、なるべく遅らせたいと思うことは親ならだれでも思うことでしょう。

 

そのためにも、大人が赤ちゃんに咀嚼した食べ物を口移ししたりすることは避けるようにしましょう。

 

虫歯菌は柔らかい組織には定着しません。しかし硬い歯が生え始めると、途端に本領を発揮します。一昔前だと離乳食を始めるとき、大人が口の中で食べ物を小さくかみ砕き、そのまま口移しで食べさせることが少なくありませんでした。

 

口移しでなくても、一度大人の口に入れたものを子供用スプーンに取り出しても結果は同じことです。

 

虫歯菌を避けるには、赤ちゃんの食器とスプーン等は大人用とは必ず区別するということが大切です。もちろん大人が使用している箸で、赤ちゃんに食べさせることも口移しと同様の危険性があります。

 

赤ちゃんを虫歯から防ぐには、一緒にいる大人が虫歯治療をきちんとし、虫歯菌についてきちんと理解していることが大切といえるのです。

赤ちゃんの虫歯菌を調べる方法

ブリアン歯磨き粉

 

子どもになって虫歯があるかどうかは、歯科医院で歯の検診をすればすぐにわかることです。

 

しかしまだ歯が生えそろっていない赤ちゃんの口腔内に、虫歯の原因である虫歯菌が存在するかどうかは調べることが出来るのでしょうか。

 

実はこの検査は特に難しいことではありません。

 

虫歯菌を直接検査するわけではなく、悪化させてしまう菌を調べればいいのです。

 

この菌がミュータンス菌です。ミュータンス菌に口の中が感染してしまうと、虫歯菌の退治が非常に難しくなります。ミュータンス菌の検査は、唾液を調べることでわかります。

 

大人であれば一定時間ガムを噛んで、唾液の分泌量を測定することによる検査方法がありますが、咀嚼が出来ない赤ちゃんの場合は、より簡易な検査キットを使用します。

 

舌や歯に付着しているプラークと呼ばれる歯垢を採取し、細菌を数日かけて培養して数を調べるのです。

 

母親が気を付けて離乳食を与えていても、おじいちゃんおばあちゃんがうっかり同じ箸で食べ物を与えてしまったり、口移しで食べ物を与えてしまったりすることはよくあることです。

 

もし心配であれば、検査キットを持っているかどうかを問い合わせたうえで、歯科医院で検査してもらうのもいいでしょう。

赤ちゃんにうっかり口移ししてしまった場合の対処法

どんなに気を付けていても、かわいい赤ちゃんを見るとついうっかりといったことはあるでしょう。

 

今と違い、便利な離乳食グッズが豊富になかった時代に子育てをしているおじいちゃんおばあちゃんは、自分たちと同じ箸で離乳食を与えることは普通でしたし、みそ汁の豆腐などの具材を舌でつぶしてから口移しで食べさせるといったことも、ごく普通に行われてきました。

 

いくら口移しによる虫歯菌の危険性を説明しても、ついうっかりという悪気がない行為は完全に防げるものではありません。

 

そのたびに口うるさくして、おじいちゃんおばあちゃんとの関係を悪くしまってもいけないので、そういったときはあとでこっそり対処するようにしましょう。

 

一般的には、水を飲ませて口の中をきれいにしてあげるといった対処法が有効です。

 

まだ上手く飲むことが出来ない小さな赤ちゃんであれば、濡らした清潔なガーゼでやさしく口の中をぬぐってあげたり、綿棒を使って歯の表面を拭いてあげるといいでしょう。

 

シリコン樹脂製の赤ちゃん用歯ブラシも市販されているので、早めに慣れさせておくことも大切です。綿棒で拭いたり、赤ちゃん用歯ブラシを使用した後は、なるべく水を飲ませるかうがいさせるようにしましょう。
"

ブリアン歯磨き粉なら虫歯菌が除去できる!

ブリアン歯磨き粉

ところで小さな赤ちゃんの歯磨きに、歯磨き粉を使用することに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、乳幼児にもおすすめのブリアン歯磨き粉があります。

 

早いうちから歯磨きの習慣をつけていても、やはり歯磨き自体を嫌がるお子さんは多いでしょう。

 

ブリアン歯磨き粉の特徴は、虫歯菌増殖の原因となるミュータンス菌を減らす効果が高いというところにあります。歯周病や歯垢除去といった大人用歯磨き粉とは異なり、乳幼児のミュータンス菌を減らし虫歯を予防することに特化している歯磨き粉なのです。

 

海外の虫歯予防に関する関心は日本国内より高く、そうした欧米でも高く評価されている成分が使われています。けれども乳幼児にとってそんな成分ははっきり言って関係ないでしょう。やはり気になるのは味です。

 

ブリアン歯磨き粉はイチゴヨーグルト味が特徴で、舐めてみても自然な甘さが口の中に広がります。いわゆる甘ったるい甘さではないので、おやつなどを積極的に与えていない家庭でも安心して使用することが出来ます。

 

練り歯磨きではなく粉タイプの歯磨き粉なので、月齢に合わせて使用量を調節してみてもいいでしょう。

 

うまくうがいできない子供が、万が一飲み込んでしまっても安心の成分で出来ているので、赤ちゃんの虫歯が気になる人はぜひ使ってみるといいでしょう。

 

⇒我が家のブリアン歯磨き粉体験レビュー・口コミはこちら

 

ブリアン歯磨き粉