ブリアンは安心です

ブリアン歯磨き粉

小さいお子さんの歯磨きで苦労されているお母さんも多いことでしょう。

 

虫歯は心配だけれど、イヤがって中々磨かせてもらえない、歯磨き粉を飲み込んでしまう、などなど毎日頭を痛めている方も。

 

そこで注目を集めているのが、ブリアン歯磨き粉です。

 

ブリアン歯磨き粉は、最後に口をゆすがない歯磨き粉としてその名をとどろかせています。確かに小さな子供は歯磨き粉を飲んでしまうこともあるし、ゆすがなくても良いというのは便利だということで支持されている反面、身体への悪影響は大丈夫なの!? と健康面を気にする声も聞かれます。

そもそも口をゆすがなくとも大丈夫、というのはどこから来ているのでしょうか。

 

ブリアン歯磨き粉には虫歯菌除去成分が配合されています。つまり、磨くことで歯垢を取るというよりも、歯磨き粉をつけることそのものが、虫歯菌の除去につながるという、画期的な歯磨き粉なのです。

 

これは、歯の質を丈夫にするフッ素などとも異なった発想です。フッ素には虫歯菌そのものを除去する能力はありません。

 

ブリアン歯磨き粉に含まれている虫歯菌除去成分は、BLISとM18の2つです。

 

このBLISとM18とは乳酸菌の仲間になるのですが、そもそもこの2つが発見された場所が子供の口腔内の唾液の中なのです。これで、安全性の高さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

ただ、口腔内の唾液の中と言っても、全ての子供たちがこのBLISやM18を持っているわけではありません。わずか2%の子供しか持っていないものなのです。

 

それだけではありません。ブリアン歯磨き粉には界面活性剤や合成着色料、パラペンなどといった身体に悪い成分は一切使われていないのです。

 

ゆすがないから身体に悪いのではありません。身体に悪いものが入っているから、悪影響を及ぼすのです。例えば、牛乳を飲み込んでしまったからと言って、大騒ぎする人がいるでしょうか。

 

使い方は簡単です。歯ブラシを水で少し濡らして歯磨き粉をつけ、2、3分磨いて歯磨き粉を行き渡らせ、唾を出すだけです。もし、どうしてもゆすぎたければ、少し水を口に含んで吐き出せばOKです。

 

赤ちゃんでも安心して使える嬉しい歯磨き粉、ゆすがなくとも安全な歯磨き粉、それがブリアンなのです。