歯磨き粉に使われるフッ素の役割

ブリアン歯磨き粉

 

歯磨き粉と言えばフッ素という言葉を合わせて耳にすることが多いですよね。たま〜にフッ素は体に悪いなんていう意見も耳にします。そもそも、フッ素とは何なのでしょうか?

 

フッ素とは

歯磨き粉に使われるフッ素は虫歯を防ぎ、再石灰化を促進するといわれています。

 

フッ素は歯のエナメル質に作用し、歯質を強くして虫歯菌の活動を抑えます。虫歯の原因の90%はミュータンス菌といわれており、プラークを栄養にしながら、乳酸で歯を溶かしているといわれています。

 

フッ素を歯磨き粉に使うことでミュータンス菌の活動を抑制し、酸性化させて殺菌します。

 

プラークそのものに作用するので虫歯だけでなく歯周病にも効果をもたらします。そして唾液に含まれる再石灰化成分が歯を修復してくれるのです。歯の表面のエナメル質は酸に弱い性質を持っていますが、再石灰化されることにより、エナメル質とフッ素が結合するとエナメル質のヒドロキシアパタイトはフルオロアパタイトに変わり、虫歯や歯周病が出す酸に強くなるのです。

 

フルオロアパタイトが形成されると虫歯ができにくくなります。

 

フッ素入りの歯磨き粉の役割としては

  • 殺菌力
  • 再石灰化
  • 虫歯と歯周病予防

が目的となります。

 

初期虫歯を治すのにも効果的といわれ、特に乳歯の時に歯科クリニックでお子様がフッ素治療を受けることも少なくありません。歯は食事のたびにカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出し、唾液によって溶け出た成分を戻して再石灰化します。このバランスが崩れると虫歯になります。乳歯は永久歯と違って歯が溶けやすく、虫歯が進行しやすいのでフッ素治療の役割が大きいと考えられています。

 

フッ素は危険なのか?

ブリアン歯磨き粉

 

フッ素は単体では存在せず、物質と結びついてフッ素化合物として存在しています。

 

野菜や果物にも含まれており、危険性はないといわれてきました。

 

フッ素が欠乏しても疾病の症状は起こりません。

 

少量であれば体に害はないといわれていますが、大量に摂取すると危険であることが指摘されています。

 

またフッ素そのものは有毒ですが、歯磨き粉に使われているフッ素化合物は毒性が弱まっているため、問題ないと反論されています。

 

第17族元素でほかに塩素、臭素、ヨウ素があります。強い酸化作用があり、殺菌力に優れている性質を持っています。摂取量に気を付ける必要がありますが、歯磨き粉レベルでは問題ないといわれています。

 

しかし日本での歯磨き粉のフッ素配合量は1000ppm未満と決められており、海外よりも低めでしたが、2017年3月に海外水準と同じ1500ppmまで利用できるようになりました。

 

永久歯が十分に発達していない6才未満の子どもにはフッ素症の恐れがあるため、使用できないことになっています。フッ素症はフッ素化合物の過剰摂取により、歯に白いしみや斑点ができることで、重症になると褐色になります。

 

歯のエナメル質が白く濁って見えることもあります。飲料水として20年以上利用していると骨フッ素症になることがあります。骨にフッ素が蓄積して、関節運動障害を引き起こします。

フッ素を避ける人も多い

危険性を意識した人たちはフッ素入りの歯磨き粉を使うのを中止しています。がんや骨肉腫、ダウン症の原因になるともいわれており、不安な心理状態でいるよりも安全性を優先したいという心理状態が働いているものと考えられます。

 

歯磨き粉は化粧品に分類されていることから、食品添加物の安全基準よりも低いことが懸念されています。

 

研磨剤である成分のシリカは歯の摩耗を引き起こすといわれていますし、サッカリンなどの甘味料、漂白剤として二酸化チタンなどが配合されており、ナノレベルで細胞に入りこみ、人体に吸収される場合も考えられます。

 

歯磨き粉をペーストにするためのグリセリンも飲み込んだり、歯茎から血液に吸収されてしまう可能性が高いのです。

 

発泡剤としてラウリル硫酸ナトリウムも利用されていることがありますが、これも体内に吸収される可能性が高い成分です。

 

歯を固くしたり、泡立ちを良くしたり、香りを良くしたり、滑らかにしたりと便利にしてくれる成分で構成されている歯磨きは人体にとても危険なのではないかと考える人たちが増えてきています。

 

しかしフッ素が入っていない歯磨き粉で研磨剤なし、発泡剤なし、添加物なしを見つけるのはとても難しく、爽快感がほしいといったリクエストには答えていませんので、あきらめてしまう人が多いのも現実なのです。

フッ素、研磨剤、添加物が入っていない歯磨き粉でおすすめなのはブリアン

虫歯予防に効果的なフッ素ですが安全性を一番に考えたときに、フッ素や研磨剤、添加物不使用の歯磨きを使いたいところです。

 

特にうがいが確実にできる6歳くらいまでは、飲み込んでしまう可能性があるため、うがいをしなくても大丈夫な歯磨き粉があればありがたいですよね。

 

そこで、人気なのがBLIS M18という虫歯予防成分が入ったブリアンです。

 

⇒ブリアンの体験談・口コミはこちら

 

ブリアンは乳歯が生え始めた赤ちゃんから大人まで使えるよう、子ども用ブリアンと大人用ブリアンがあります。

 

詳細は公式ページで確認してみてくださいね!

 

>>ブリアン

 

>>大人用ブリアン